FC2ブログ

死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.12.23 22:20

 忘年会がてら、うまいという話を聞いた『焼肉菜包 久鐵(きゅうてつ)』東海店に行ってまいりました。

 近場では名古屋市の新瑞橋にあらたま店があるのですが、知多半島の方を回っていたので、そちらに行ってまいりました。

久鐵東海店焼肉菜包 久鐵 東海店の裏口。駐車場から見るとこんな感じですが、駅側から見るともっと派手ですよ。
 今回はこのお店の焼肉について語っていきましょう。なお、屋上には「焼肉」の赤い電飾があるので、近くまで来たらすぐわかります。

 『焼肉菜包 久鐵』は、「焼肉菜包」という名の通り、焼肉を野菜で包むのがウリの焼肉店のようです。その割には写真を撮ってないのでその様子が伝えられないのが申し訳ないのですが、とりあえずできるかぎりレビューしていきましょう。 久鉄

 焼肉店の他にイタリアンレストランも経営する株式会社久鐵グループのお店、『焼肉菜包 久鐵』は全部で3件ありますが、どれも愛知県尾張地方(名古屋近辺)にあり、この地方の方以外にはちょっと行きづらい場所にあります。
 とはいえ、駅から歩ける距離にあるのでまったく不便というわけではないのですが、私の行った東海店というのは駅から徒歩一分という距離ですが、ローカル線の駅のため、電車で行くことはあまりないかもしれません。駐車場が裏に30台分あり、送迎バスなどもあるので(宴会場あり、120名まで!)、近辺の方以外はそういった利用の方が基本なのかもしれません。 「創業40年、地域の方に愛されている」というのがモットーの焼肉店のようです。

 さて、この店は「韓国焼肉の店」というわけではないのですが、多くの韓国メニューがあります。言うなれば、焼肉×韓国料理というようなお店です(そういう店多いらしいですけど)。
 ですのでメニューはカルビ・ロース・塩タンなどの通常の焼肉のメニューと、クッパ・ビビンパ・ビビンメン・ユッケ・ナムルといった韓国料理を一度に楽しむのが一つの楽しみ方でしょうが、今回は焼肉を食べに行ったのでそちらの方にフォーカスをあてさせて頂きます(個人的には韓国料理が合わないので・・・)。

 焼肉は、塩タン・切り落としカルビ・赤身ロース・若ドリ・イカ・野菜・キムチ・サラダの「トクトクセット3980円」とホルモン・上ミノ・レバー・にんにくスライスの「スタミナセット1280円」をオーダーし、追加で菜包カルビ・若ドリ、イカ・塩焼き三種盛り・豚トロ・豚塩カルビを頼みました。

 セットはこの価格で2~3人前の分量と言うことでしたので、量も一人あたま1~3切れ分ぐらいあり、野菜も一人一つずつはありました。ただ、野菜の量は多くないし、タマネギは辛かったのでちょっとマイナスです。ですが、サラダはかかっているドレッシングがなかなかであり、ちょっと韓国チックなサラダなので、ちょっと物足りない焼き野菜をそれでカバーしてると思ってもいいかもしれません。

 全体的に素材の味はなかなか良いです。イカもほどよくやわらかくて食べやすいですが、一番オススメなのが味付け肉(カルビ・若ドリ)です。ロースはちょっと小さく切られすぎてる感がするのですが、カルビは(決して大きくはありませんが)、味付けがGoodです。若ドリはイカと同じ味付けのようですが、やらわかくてジューシーなので「黒毛牛」がウリのお店ですが、一つ食べてみても損はしないと思います。ようは、「トクトクセット」に関して言えば、焼き野菜以外は満足できる味でした。

 スタミナセットの方は、レバーがエグさが抑えられた味付けがなされているようで、レバーが苦手な人でも、比較的食べやすいように感じました。まったくダメな人までOKとはいきませんが、普段はレバー食べないけど食べられるよ、という人は食べてみてもいいかもしれません。基本的に、味付け肉がおいしいですが、塩味のみの肉も結構イケるので、お肉全般オススメです。 なお、味付けですが、タレと塩が大体選べます。

 ただし、ライスはオススメできません。パサパサで、固め。というか固いです。焼きおにぎりはいいのですが、ライスとして頼むとちょっと「ほかほか柔らかご飯」を期待してるとえらい目に遭います。これはクッパやビビンパに合わせて炊かれたからなのかはわかりませんが、日本人が普通に食べるご飯とは違う感じがします。
 ライス大がどんぶりてんこもりで210円、といったように値段も安くて量も大変多くてGoodなのですが、焼肉の食が進むタイプのご飯とは思えないので、期待はしない方がいいかもしれません。

 また、「焼肉菜包」と名が付くように、韓国風な包み菜のセットがあり、それが一つのオススメなのですが、これは好みが別れるかもしれません。大きな葉(名前忘れた)に、みそをつけ、味を付けた肉と、白ネギ、キムチ、ゴマの葉、にんにくを一緒に巻くというのが正規のやり方ですが、個人的嗜好により、みそ抜きで白ネギとゴマの葉で巻いたカルビ巻きが良かったように感じました(みその味が強く感じた)。
 これは趣味の問題ですから一概に言えませんが、「ゴマの葉(あの、ゴマですよ)」というゴマの味がする葉っぱを食べる機会はなかなかないので、来店したら一度は注文してみるのも悪くはないと思います。見た目はシソの葉ですが、味はゴマですので、ひょっとしたらハマる人がいるかもしれません。

 あとパインシャーベットとかゆず茶を頼みましたが、やはりご飯とゆず茶は組み合わせが悪いです。焼肉とだけならさっぱりしていいのですが・・・。選択を間違えました(^_^;)

 なお、焼き方についてですが、炭火焼きではなく、調節可能なガスタイプです。ただ、ダクト一体型なので、煙がないのはいいですね。店内は現代の流行に沿った和のテイストを含んだ創作料理店風な内装となっております。しきりがすだれだったり、ブロック塀だったりとちょっと工夫がしてありますが、実用的かどうかはわからないので、こだわる人には気になるかもしれませんが、面白い趣向だと思います。

 味の総評としては、価格からすれば満足。でしょう。
 公式サイトに書かれているように、「味は本格派、価格は庶民派」という感じです。ですので、超高級店を期待しなければ、十分満足できると思います。あとは場所の問題かもしれませんね。

 

 余談ですが、この店は待合スペースに「月刊やきにく」という定価350円の小冊子が置いてあり、自由にお持ち帰り可能だそうです。

 えっ、そんなのいらない? いや、結構面白いんですよ、いきなり草野仁のエッセーがあったり、輪島功一のインタビューがあったり、焼肉本の紹介をしたり、業界事情が書かれていたり、「ひとり焼肉、できますか?」という「ひとりを楽しむ」エキスパート、葉石かおり(※負け犬ではありません)による連続エッセイがあったり、韓国のキムチ事情とか、読み応えがあります(でもネタとしてかもしれない)
 ・・・ひとり焼肉なんて寂しいとか言ってちゃダメです。これも、新しい楽しみ方なのかもしれないのですから。そういう模索をしているという点を評価したいですね。

月刊やきにく「焼肉店をサポートする、全国焼肉協会(JY)の焼肉文化誌」『月刊やきにく』・・・・・・全国焼肉協会がJYですか!? と思わず惹きつけられてしまうモノがあります。
 350円も払って購読するのは焼肉業界関係者以外いないとは思いますが、無料なのでぜひもらっていってはどうでしょうか? 先月号、先々月号も置いてありましたよん。


焼肉菜包 久鐵 東海店
愛知県東海市加木屋町(名鉄「南加木屋駅」前)
営業時間 17:00~0:00
《インターネットで地図確認》

※詳細は公式サイトをご確認下さい。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/274-34f0844c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。