死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2006.02.17 23:46
 かなり久々(10年ぶりぐらいか?)に名古屋港水族館に行って参りました。10年・・・いや、オープンしたての時以来だからもっとかな。

 さて、その頃と水族館も様変わりし、今やイルカやシャチで人気と聞いていたので平日とはいえ大学生も冬休みですから混んでいると思ったんですけど、混んでねー!!

 とりあえずイタリア村へ行って昼飯食って、「サービス料(10%)」の文字に「ここはイタリアだ!」と違う所で感動し、スタッフもイタリア人だったのに二重に驚いた次第であります。ええ、なめてましたから。
イタリア村
イタリア村。でも、思ったより小さいかな
手羽先キティ
名古屋限定!って初めて見たよ!! かわいくないし!
 で、気を取り直して名古屋港水族館に入ったわけですよ。入り口に入っていきなり見えるのがイルカの見えるプール。昔来たときにはこのイルカがいる北館はなかったので、やけに新鮮です。
お昼寝イルカ
イルカが昼寝してるようで、目は閉じたままぐるぐる泳いでいます。

泳ぐシャチ
かなり大きいメインプールではシャチやイルカが自由に泳ぐ姿が見られます。なお、この上の階(屋上)はスタンドになっていて、イルカのショーを見学出来る、という仕組みになっています。

 この北館はイルカ・クジラ一色なんですが、個人的にはイルカやシャチではなく、「白イルカ(ベルーガ)」の求愛行動の状況を見れたのはなかなか貴重な体験でした。一目でオスとわかる状況を水族館で見させられるとは思わなかったなぁ。
 でも、そのオスベルーガが、ヘナヘナになって体力回復までボーっと浮かんでる辺り、どこの世界の男も同じなのかと思ったりして笑っていた。でも、それだからこそ彼は振られたんだろうとか、勝手に想像してたのしんでいましたね。

 それにしても、たとえイルカでも、そういう行動を見させられたら『電車男』を見るように他人の恋路は応援したくなるものなんですかね? 人って面白いな。

 屋上に上がると同じイルカプールを上から見ることが出来ます。
 しかし、そこで目にした光景は、「生物社会におけるヒエラルキー」とでも言いましょうか、やっぱりダメな奴は共通してるのかと感じさせるイルカたちのドラマでした。

醜い争いをするイルカ1
3頭のイルカがいるプールの縁にちょっとした台があったんです。一匹が乗れるような。ですけど・・・
醜い争いをするイルカ2
その場を争って取り合うわけですよ! 体当たりとか、噛みついたりして! 『癒し系』の夢をぶちこわしですけど、イルカだって争うんですよ!
 それにしてもこの争いが醜い醜い。他にもう一つ台があるんですけど、そこには見向きもせず「他人のモノが無性にほしくなる」というのを地でいく彼らは、譲り合う心もなく、隙を見ては登ろうとして、それを防がれ、とただひたすら「相手を打ち負かす」ことに腐心しているわけです。その光景は一言で言うと「あ、アホ?」につきます。子供イルカなのかもしれませんが。

 よくよく見るとこのプール、3つぐらいに別れているんですけど、少しずつ大きさが違うんですよね。で、一番大きなプールで飼われているイルカは、メインプールに行くことが出来て、曲芸とかのトレーニングを受けているんです。つまり、いい子じゃないと広いプールで泳ぐことも出来ない、と言うわけです。「権利と義務」の増大ということでしょうか?
 「なるほど」とちょっと違う所に感動してしまうのが私なんですけど、やっぱり人間もイルカも「成長」しないといけないんですね。なんてこと考えていたら閉館時間が近づいて普通の水族館である「南館」に行けなくなってしまいまして、うぎゃっとしてしまいましたけど、まぁ得るものはあったから良しとしましょう。

イルカがこんな近くに
近い、近いよ
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/331-09b8c98e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。