死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2006.03.29 23:25

 つ、疲れた・・・どうも疲れがとれない。

 寝てないからか。そうか、あれか、歳のせいというやつか。

 さて、教科書に有名人が載るとニュースで騒いでいた。

 教科書もとうとう近視眼的なモノに走りだしたのか? それとも、若者に受ける「リ・ア・ル」という質感が必要なのだろうか? いずれにしても、脱ゆとり教育の反動の結果のようにも見えもする。
 あと、家庭での教育は事実上無理になってしまった(ケースが多い)といういい証なのかな。まぁ、今、ゆとりのある大人なんてほとんどいないからね。当然教師もね。教育を疎かにするとろくなことがないけど、今後はどうなるのでしょうかね。

 まぁ、今後は「ゆとり教育世代」が大人になった時(や、なる前)に、いかなる軋轢や問題が起きるか、というのが考えられる。

 そういう未来予測を立てられるように育てられる教科書なら、実際はなんでもいいんだけどね。
 それをわかってない人が教育を語っても、国際順位をどう上げるかとかしか考えられないんじゃないだろうかね。それじゃ、「頭がいい」=「受験成績がよい」という流れとまったく同じなんだよね・・・・・って要するに、知識者層というのは総じて、自分の受けてきた教育を肯定する傾向にあるんだよね。あと、それができなかったが為に「敗者になった」と思い込んでいる人もイヤではあるがその制度を暗に維持する傾向にある(とにかく勉強しろとしか言わない親になるとか)。

 そういうことも教えられる教科書なら大賛成ですが、まずあり得ないので、教科書以外の勉強も頑張りましょう、子供たち。というか、そういうのがゆとり教育の目的だったのだけれども(たしか)、それが教えられる人がいないのもまた、現実なのよね。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/371-c851f544

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。