死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2006.05.08 23:05

 さて、前に紹介した「清水章吾(※)オフィシャルサイト」ですが、最近は本人のコメントが載るようになりました。
※アイフルのCMでおなじみのおじさん。土曜ワイド劇場の悪役No.1出演数を誇る俳優でもあるが、誰も気づいていない。

 ということは、やっと精神的に落ちついたということだろうか?
 ・・・・と思って読んでみると、ええ? これまでの人生を振り返ってる!!

 人は自分に自信がなくなったときほど過去を振り返るものだと思うが、清水章吾は今そんな心境なのだろうか? 単にGWに家族が誰もいなくて暇だからかもしれないが、家族がいないから暇って・・・・芸能人なのに、CMのキャラクター通りの生活なんですか?? まぁ、チワワを切なく見つめるのは実生活の経験がそうさせているのかもしれません。

 CM出演についての俳優の社会的責任は江角マキコの例があるけど、さしてない、と思われているのが現実でしょう。現実に「成功している人たちの間では」その考え方が通用しますので(いわゆる「常識」になってしまうので)、タレントとしてはそれが悪いなんて思うのもおかしな話にも思えもします(実際はこんなシンプルに考えてはいないでしょうが)。
 もちろん、「メディアが人々に与える影響」について何かしらの信条をもってCMを選んでいる人もいるでしょうが、そうやっている部分を見る人はあまりみないでしょう。だってTVは教えてくれないですから。むしろ「○○、大物並のCM拒否!」と叩かれるのがオチです。CMも回ってこなければ、俳優の仕事も回ってこない可能性も高いでしょう。タレント業は社会的影響力があるように見えますが、実に不安定な基盤の元に成り立っていますから、CMを選ぶことができるのは超大物か、心だけ大物(で超マイナー)な人だけでしょうね。

 でまぁ、清水章吾は生涯を振り返って「あのCMに出たのが間違いなのか? そんなことはないはず!」と罪の意識のスパイラルに落ちないように必死なのか、「あの家はアイフルのCMで悪どくもうけた金で建てた『チワワ御殿』などではない! ローンと現金だ!」と必死にアピールしています。それが、なんか芸能人っぽくないというか、清水章吾らしいコメントで笑えます。

 アイフルじゃなくても、ああいうCMは回ってきたと思うよ、清水さん。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/412-d416571e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。