死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.05.30 23:38
※原付&自転車での万博アクセス情報しかありません。原付ですが笑わないでください。すげー情報量ですが、気にしないでください。

 愛・地球博こと愛知万博は、「パーク&ライド」システム(以下P&R※)を採用しているので、会場までの直接アクセスは、HSSTリニアモーターカー『リニモ』か、路線バスか、主要駅からのシャトルバスか、団体バス(観光バス)か、自転車か、原動機付き自転車(原チャリ、以下原付※)に限定されております。すなわち、自家用車、自動二輪車(原付をのぞくバイク)は、直接会場の駐車場に停めることは出来ません。《注》万博協会は50ccを超える原動機付き自転車は「二輪車」と言ってるから、125cc以下の原付(原付二種)はダメです。このページでは50cc以下の原付を扱います。でも、駐輪場には100cc原付停まってましたけどね(こういう理由らしい)。
※P&R…ヨーロッパ発祥の交通対策。鉄道などの駅まで自家用車に乗っていき、そこにある巨大駐車場に停め(パーク)、そこから鉄道などに乗って移動する(ライド)というもの。これにより、行き先が同じな人間の自動車数を減らすことができ、大気汚染・交通渋滞の緩和になる。各地で実施・検討中。万博ではP&R駐車場から無料シャトルバスで会場に。
自家用車・自動二輪車のP&Rは万博のサイトをご覧ください。
シャトルバスも万博のサイトをご覧ください。
タクシーも、万博のサイトをご覧ください。
リニモも、万博のサイトをご覧ください。

 何と冷たいとおっしゃるかもしれませんが、万博のサイトは、原付や自転車向けの情報がほとんどないので(Q&Aにあるぐらいだから)、ここでは原付情報を主に紹介します。

 「環境万博」なのに原付や自転車のことが疎かにされるのがちょっと頂けないので、さながら市民ボランティアです(違)。


【自転車・原付のメリット】
 なんといっても料金がかからないことです(普通二輪はP&R駐車場に停めて一日千円。普通車3千円)。当たり前のことかもしれませんが、何度も来ようとする人には重要なポイントです。最近弁当が解禁されましたが、万博での食事は高くつきますから、出費を抑えたいという意識も働きます(何回も来る人は特に)。
 もうひとつは、混雑を避けられるということがあります。特に原付の場合、前述したように会場周辺はP&Rで自家用車が来られないので(民間駐車場があるけど、少しなので)、道路も実にスムーズ(混んでても原付にはあまり関係ないですが)。

 近隣に住む人、帰りのリニモ駅の列を見てゾッとする人はこういうのもありでしょう。また、リニモ始発駅「藤が丘」駅から、片道300円、往復700円というレンタルサイクル(ママチャリの値段。2つの団体がやってるので要確認)もあるので、リニモより若干安いぐらいですけど、場所的にはサイクリングロードもある平穏なところなので、のんびり長久手を楽しむのもいいかもしれません(一回目の人はやらないと思いますが)。時間は20~30分だそうです。
 なお、本気で自転車を利用する場合、色々な情報がつまった自転車マップのあるこちらを利用してください。

 また、タクシー乗降場やシャトルバス乗降場(行き先による)によっては、東ゲートという、会場から500mぐらい歩かないとたどり着けない東ターミナルのところにおろされることになります。しかし、北ゲートに近い北ターミナルにある駐輪場ならば、地下道を通って200mほどで入場できます。西は北より遠いですが。なお、瀬戸会場にも駐輪場はあります。長久手会場に行くゴンドラからは遠いですが、無料シャトルバスに近いので、近隣の人は便利です。


【駐輪場へのアクセス】
 長久手会場に隣接する北ターミナル・西ターミナル、瀬戸会場に駐輪場があります。筆者は北ターミナルに停めたので(リニモ客と待ち合わせのため…大遅刻しましたが)、北ターミナルのお話をします。
 名古屋方向から来る場合、広小路通り(県道60号)→県道6号と、一直線に来られます。瀬戸市街からは県道209号。基本的に万博会場近くまではリニモの橋脚が道路の真ん中を走っているので、それを目印に行くといいでしょう(万博会場通り過ぎないように)
expo_rinimo.jpg
上に走るのはリニモ

 名古屋方面から来た場合、北ターミナルへは、先に西ターミナルへのランプ(側道に降りる道)に降りるか否かという選択が待っています。私が北ターミナルを利用したのはリニモ利用の友人と待ち合わせていたためですが、会場への距離が北ターミナルの方が近いのです(とはいえ、会場のどこに行きたいかにもよるけど)。
 北ターミナル駐輪場は、道路に隣接しているため、ランプを降りればわかります。すぐです。

各会場の駐輪場の位置(ささしまサテライト会場のぞく)
expo_bike1.jpg
長久手会場北ターミナル駐輪場(地図
expo_bike2.jpg
長久手会場西ターミナル駐輪場(地図
expo_bike3.jpg
瀬戸会場駐輪場(地図
※地図の十字ポイントの位置が駐輪場


【駐輪場について】
 駐輪場のキャパが計1000台ですが、来場者数が一日15万人程度を見越している割には少ない気もします(環境万博なら)。もっとも、いっぱいになったらその辺の歩道を埋め尽くすだけなので、気にせず利用すればいいでしょう。
 自転車・原付の情報が少ない辺り、万博協会は自転車アクセスに対して積極的ではありません。なので、原付で道路を走っていても、わかりづらいのがネックです。

 また、安全かどうかにつきましては、路上駐停車防止用に警備員がそこかしこにいて、街灯もあるため、盗まれることはあまりないように思います(数分で盗まれればわかりませんが)。
expo_bike.jpg
右端に見えるのが警備員。北ターミナル駐輪場


【自転車・原付のデメリット】
 できるだけ平坦になるようなサイクリングロードになっていますが、基本的に会場は山にさしかかる場所に作られていますから、市街地を走るようにはいきません。また、万博会場内の乗り物移動は金がかかるし、乗り物で行けないトコも多いため、歩き回ることが想定されます。その足で帰りに自転車に乗るのはツライというコトもあります(下り坂になる場合が多いと思いますが、自転車こいでないのでわかりません)。
 また、レンタサイクルも試みは評価できるし応援したいのですが、現実的に考えた場合、経済的メリットがあまりありません。利用者の意識(環境・混雑・旅行)に左右されてしまうのが、まだまだ自転車というエコツールの認知度を高める効果が期待されません(何の話だ)

 原付の場合は、P&Rの恩恵で道が空いているのですけど、逆に空きすぎて他の車のスピードが乗ってしまい、恐がりの人にはちょっとキツイかもしれません。特に、会場につながる道は、信号が少なかったり、数々の高速道路の出入り口と直結しているだけに、その勢いのまま走ろうとする車もいたりと、ミラーを見て、よけることのできない人はやめておいたほうがいいでしょう(路側帯を走る手もあります)。煽る車もいるのが残念ですが、30km/h以下で走らねばならない原付の宿命です。
 パトカーもたまに張ってるので注意が必要です。


 ・・・なにやらデメリットの方が多いですが、「混んでるのが嫌」「リニモ飽きた」という人には自転車・原付の方がいいでしょう。そんなこと言ったら万博なんかに来るなよと言われそうですが・・・これが万博協会が自転車に乗り気でない理由でしょう。協会の会長がトヨタの会長だからというわけではなく(たぶん)、自転車行政もだいたいこんな感じで、自転車社会構築には保守的です。もちろん、それ相応の知識を持つ人材が少ないというのも大きな理由です。余談でした。

 原付は、精神的な疲れを排除すれば、自転車のように帰りに苦労することはありません。アクセス道にもよりますが、たとえば名古屋方面から来るときの県道6号「力石名古屋線」は二車線道路なので、だいたい車線変更して避けてくれます。スタートで加速して55km/hぐらい出せば追いつかれませんが、違法です

 以上、原付というアクセス手段を選択するのに適した人をまとめると
  • 原付の運転でビビることはない人
  • 旅行に原付を使う人(横浜の人がいた)
  • 金をかけたくない人
  • 自家用車・適切な交通手段のない人
  • P&Rなんてめんどくさいのが嫌な人
  • リニモ、シャトルバスに並ぶのが嫌な人
  • 乗り換えが大嫌いな人
  • チカンやスリに遭遇したくない人(みんなそうだろうけど)
  • 新しいものなどに目がいかない人
  • 環境意識を実感したい人(原付の燃費は自家用車よりは……という論理)
  • 自分のカブやモンキーやゴリラを見せびらかしたい人
  • 先んじて人を制したい人
  • 原付免許or自動車免許を持ってる人(常識)
でしょうか。多すぎ・・・でも、様々なニーズに応えてこそのサービスだと思うのです。ネタではありません!

 いずれにせよ、特異な交通手段であるのは変わりません。しかし、会場から半径20km以内に住む人間なら、こちらの方が早いかもしれません。それ以上離れていると1時間は絶対に超えてしまうので、運転するのがツライかもしれません。
 ちなみに私は約19km離れていましたが、行き45分、帰り38分でした・・・時速30km/hじゃムリですけどね(汗)
web拍手 by FC2

確かに今回の万博は自転車、原付に関しての情報が少ない気がします。

駐輪場に誘導するための看板も一つしかない上にとても小さかった記憶があります。
実は駐輪場が分からなくて、間違えて関係者用駐車場までいってしまったんですよ(苦笑)
そこにいた警備員に場所を聞いてやっと駐輪場に到着したんですから、「自転車、原付は来るな」と思われていてもしょうがないですね。


僕は変わった原付(solo)で行ったので警備員も結構気軽に話をしてくれて、入場しなくても楽しかったです。
その時に裏話もたくさん教えてくれましたし。

また行きたくなりましたよ、万博に。

2005.05.31 22:35 URL | まいる #- [ 編集 ]

西はやっぱり駐輪場わかりにくかったみたいですね。地図見て「えええ?」って感じですもんね、場所も大きさも。

solo、写真見ましたがたしかに原付には見えませんね(^^ゞ。でも、なんか個性がビンビンで、60km/hで走っても警察につかまらなそう(ナンバーでわかるか)。・・・えっ、生産終了?

警備員たくさんいますしたね~。
自動車の路駐対策やお迎え対策には結構いいと思います。やるなら徹底的にやった方がいいかもしれません。
ついでに自転車や原付を積極的に受け入れてくれれば・・・ですけど。

2005.05.31 23:05 URL | tkiyoto #v4EGoeQ. [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/60-f5c040c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。