FC2ブログ

死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

2007.03.07 23:57

 今日、電気料金のお知らせが入っていた。

 見ていてちょっと混乱したのだが、ようやく理解できた。

 先月と今月の利用料がまったく同じなのだ。

 ちょっとラッキーな気分だった。

 ・・・・・とまぁ、このように、主婦の喜びみたいなので始まりましたが、こういうことに喜びを見いだせないと、人生きっとつらいだろうなぁ、とかちょっと思ったり。

 なぜって?

 人生は基本的に「ままならない」ものなのに、その「ままならない」ことを思い悩む人が多いですからね。ホラ、会社はわかってくれないとか
 自分で作った会社ならいざ知らず、他人が作った会社に「入れてもらった」人間の思い通りになるわけがないでしょう、みたいな。

 だからといって、まんま言うとおりというのも違うんですけれど、基本的に「ままならない」ことがあるってことをわかっていないと、必要以上に悩むハメになりますよね。年とってくるとそこのラインがわかってくるんですけど、若い内はそういうので悩む人が多くても仕方ないし、そのギリギリのラインが、また新しいことを作っていくので全部が全部否定できませんけど、それでもすべて「ままならない」ことを忘れたら、自分が不幸になるだけでしょう。

 さて、この平和な時代というやつは表面的にはすごく幸せですけれど、内面的にはかなり病的になりやすい時代でもありますよね。戦争で死ぬ人間より自殺する人間の方が多かったりとか。

 だからといって平和じゃなくなればいいとか戦時中は美しかったとかいう単純な論理を振りかざすつもりはありませんけど、「生きる」目的があやふやになってしまうってことはこれはまたこれで人間にとって大変なことだということかもしれません。戦争中は「なぜ生きるか?」なんて余裕ないですからね、死にたくないから「生きる」それだけでしょう?  運命を背負った人間は魅力的に見えるんですよ。

 どれだけの人が「今の」自分に満足しているかなんてわかりませんが、満足しないからこそどうにかしようとする努力が生まれるわけで、だけど、ある部分で満足していないとこれまた自分を責めすぎてどう努力したらいいかわからなくなる。

 そのバランスの取り方が、幸せになるカギなんですよね。

 だから、「妥協」ではなくて、「寛容」が必要なんでしょうな、自分に対して。そうすることで、見えてくる景色があるはず。 

 だって、人生は「ままならない」ものですから。

 電気料金が先月と偶然同じだった。これは、予期していないものであり、だけど、なんか「特別」な出来事のように思えもする。

 こういった自分だけでは得られない感動を感じられるか否か。

 それだけで幸せの価値って変わってくると思います。

 だって、人生は「ままならない」ものですから。ね?

 ~3/10追記~
 なんと、ガス代も前月とまったく同じだよという請求書が来た。さすがに驚いた。まったく違う生活をしていたハズなんだけど、偶然って怖い・・・し、楽しい。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/635-2fd9e5ec