FC2ブログ

死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

2007.03.18 23:59

 ゆとり教育の見直しを八割が賛成なんだというニュースが。

 そもそも、ニュースのカテゴリに「学力低下」がある以上、たぶん永久に学力は上がらないんだろう。人々が「世界が平和になればいいな」というように、ないものを人は具現化しようとする。その方が頑張れるから。

 ちょっと話が飛んだが、ゆとり教育。

 個人的には「アイディアはいいと思うけど実現は無理だろう」というものの典型なんですけど、やっぱり実現は無理でしたね。そもそも、学力偏重だから生まれたゆとり教育ですが、結局「学力」低下という言葉につぶされた格好。

 しかし、なんでしょうね? 世論が教育を決めるのもどうでしょうね?
 まぁ、教師を「聖職者」と思わないからこれまた現代的なことなのだろうけど、そもそも、指導力に問題がある教師なんて、昔からいたじゃん? むしろたくさん。戦時中なんてどれだけの無茶が教えられてきたか・・・・。

 それにしても、「教育」というものの考え方が物凄い狭いですよね。「教育」=学校的教育(塾も入る)というのが、ゆとり教育の始まる前も後も変わってない感じです。

 ゆとり教育の目的の一つに、学校教育依存の「教育」を、家庭にも負担させようという狙いがあったはずなのですけど、結局議論の中心は「学校教育がダメになった」しか語られないわけです。だから、塾がそれを補う、という論調が始まって、それが格差に繋がるという議論になる。・・・・・・・しかしこれはどうだろうよ?

 そもそも「ゆとり教育」というのは学校の教育を改革することではなく、教育に対しての考え方そのものを変えるためのもの――だから国は正式には「ゆとり教育」とは言わない――正確には「ゆとり教育を促す」ことを目的としている(ハズ)。それで親の休みが取れないとかで実現不可能になってるだけとも言えるし。

 だが、なんせ世論を決める人たちは、ゆとり教育を受けてきてない世代でして、今までの教育観で教育を計るから、自然とゆとり教育が学力低下の温床になっていると考えるのが普通でしょう。「円周率は3?話にならないよ」みたいな。ええ、そんなデマを信じてるぐらいですから

 まぁ、理解も出来ますけどね。今まで自分たちは土曜も学校で勉強してきたのに、今の子供は「学校にも行かないで遊んでいる」と思えてしまいますもん。そこで「自分は何を教えよう?」という疑問が浮かんだりしないんでしょうね、普通の人は。だから、「ゆとり教育」は実現しないんですよね。
 言ってる意味が、親に課せられた使命が、わからんのですよ。だから、実現しない。ゆとり教育的制度を作ろうとした人たちは本当の意味での教育に熱心(お受験のことではない)だから気づかなかったんでしょうが、世間で言う教育なんてそんなものです。お受験です。ペーパーテストです。そういうものなんです。
 目に見える結果に繋がることこそが、教育の価値であり、指標なんでしょうね。道徳も宗教観もなければ、経済的な指標がそれになるのも、ごくごく自然なことです。

 

 そもそも「ゆとり教育」なんてものは、昔から、ある家庭にはあるものなんですよ。それを、社会制度的にしようとしたのが、やっぱり無理だったんじゃないかと。

 せっかく土曜休みになったからといって、どれだけの親が「教育のために」「自分が会社を休んで」子供に何かを教えようとしてきたか。私はそこを問題にすべきだと思います。確かに国がそれだけの環境を整備できなかったというのもありますけれど、「本当に子供に教育が必要だと思うなら」、個人レベルで出来ることもあるのではないでしょうか?

 実際、月に一回か二回有給使って、子供の教育(学校の勉強とは限らない)に当てることだって出来るわけですからねぇ・・・・・・出来ない人が大多数だ、と言うことだけですよ。だから、経済力で、それを補おうとしてるだけです。それで格差が広がるなんてことはないですよ。学習機会がなくても工夫して見つけていける人の方が頭がいいでしょ? そういうことですよ。また、経済力で作られたインテリが、それによってもたらされた不平等のアンチテーゼとしてテロリストになることだってあるんです。

 よく言うじゃないですか、「教師と生徒との距離が近い方が学習効果が上がるって」一番近いのは親と子じゃないですか? そこをみんな忘れてませんかね?

 理想的な教育というのは、近しい距離の人によるマンツーマン反復学習ですよ。

 カリスマ講師なんてのは、学校型教育を高効率化させるための方法論でしかないですよ。グループワークするなら別ですけど、良くも悪くも学校型教育の方法論にのっとっているからこそ、存在しているのです。実社会でもどうですか? カリスマ講師に仕事教えてもらってますか? 自分で覚えていくものでしょう? メンター(導師)の補助があって。どうしてそれを子供に伝えられないのだろう?

 そんなことを考えると私は、子供を育てるために仕事を選んだとしか思えない父を尊敬します。金はないですけど、日曜日に子供に色々なことを教えてくれた。そのおかげでどこでも生きていけますし。トラブルもストレスもありませんし差別したり犯罪もしておりません。そんな父だから大事にしようと思うわけで、子供の義務とか、そんなこと思ったりはしないですね。当然のことです。まぁ、くだんの父はそんなこと望んでないことも承知ですが、だからこそしたいと思うのですよ。

 父は誰よりも子供を優先してくれた。だから、いじめられようが、教師から卑下されようが、私は自信を持って望めた。だからこそ、本当のオリジナリティが作れるんですよ。

 本当の「ゆとり教育」に、乾杯。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/646-0ffb819a