死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2007.04.12 19:55

 とある校長が、別れの際、生徒たちに「いい言葉」を贈った。

  「タンポポは踏まれても踏まれても生えてきて花を咲かす。  君たちもタンポポのように……(以下略)」

 ~その裏舞台~

 朝、他人にタンポポを採ってきてもらう。
 そして、演台にたち、それを見せながら生徒たちに言う。
 だが、戻ってきた校長はそのタンポポを「捨てといて」として処分した。

 なんというか、まさに「偽善」な感じがするが、大人たちはわかってる。そんなことしなくても、「そういう人」だというのがわかっている。
 この「いい」話を子供たちはどう受け止めたのだろうか?

 ・・・・アホな大人たちは「子供は騙される」と思っているかもしれないが、たぶんそんなことはない。それは、普段のその人ぶりを知っているという既知的な視点からではなく、常に善行の裏を探る懐疑的な視点からでもなく、ただ、校庭に咲くタンポポたちがどういう運命を辿っているかを見ているから。

 子供たちにタンポポのようになれと言い、大人には「捨てといて」と言う教育者・・・・まさに、その人の子供への視線が透けて見える。人間性までも。

 だからこそ今日も、タンポポは道端に咲き、増え続ける。

 「だったらタンポポを飾れよな」

 そういう想いが、子供たちの反抗の正体なのかもしれない。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/663-6f9bce9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。