死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2007.05.07 22:52

 耳鼻咽喉科に行ってまいりましたらやっぱり自己診断通り副鼻腔炎でした。

 今回はいつものレントゲンも内視鏡も触診もなしで薬を処方してくれる便利と言えば便利だけど不安な耳鼻咽喉科ではなく、ネットで評判がよかった(1件だけですが)名古屋は栄の鈴木耳鼻咽喉科医院に行きました。

 つーか昼は15時からで15時半に行ったらなにやらたくさん客がいるけど??

 後で母親に聞けばここは近所の人の間では結構有名らしいので、その絡みじゃなかろうか、ということらしい(いいかげんな表現)。見れば子連れママとおばあちゃまばかり・・・・・なんというのか、時間帯も関係あるだろうけど、客層が横のつながりで広まってる気がします。ビジネス街なんですが、わかりにくいところにあるにも関わらず繁盛しているみたいですね。院内は新しく綺麗ですから余計かな。
 そういえば栄で働いたときに道聞かれたな、ここの。そういうことか。

 んなことでちょっと待つハメに・・・・いつもの所は回転がメチャメチャ早い(腕がよいというより・・・)けど、ここは患者が多いからでしょうね、確かに待ちました。30分は待ってないと思うけど、短気だから長く感じました。 回転率は悪くないと思います。

 さて、肝心の診断ですが、確かに腕がいい風でしたね。
 普通、副鼻腔炎はレントゲンで頭蓋骨内にある副鼻腔で炎症箇所をチェックするものだと思うのですけど、問診の後、鼻、のどを見て、内視鏡で鼻の穴からチェックしてました。どうも左の部分にあるようで、右の後に左に入れたときはすっと奥に入れて、判断したようです「そうですね~急性のやつですね」という感じに。
 それで、のどと鼻の吸入をしました。のどのやつは新しい奴ですかね、なんか効いてる感じがしました。薬も4つ、1週間分渡されました。薬は全体的に多めな病院な気がします、他の人を見ていても。袋が分厚いもの。

 しかし、内視鏡だけで完全にチェックできるのかしらん? 理論上はできるけど(鼻の炎症が鼻腔を防ぐから発生するから)、まぁ、今後の経過を見守りたいと思います。

 最後に渡された紙にこんな事が書いてありました。

当院は予約制ではございません。受付順になります。
受付は午前7時30分~8時30分までは、1階の診察券投函口へ診察券をお入れください。8時30分を過ぎましたら2階受付へ。

 ちなみに、診療時間ですが、午前9時30分からです!!

 ・・・・・やっぱ人気なんだなぁ・・・・・


鈴木耳鼻咽喉科医院
 診療時間:午前9:30~午後12:30/午後3:00~6:00(土曜は9:30~午後1:00)
  (受付時間は上記参照)
 休診日:木・日・祝
 電話:052-241-3387
 住所:名古屋市中区栄3-27-5 栄セントビル2F(ナディアパーク近く)

(後日談)
 で、結局治りはどうなんだと言われると・・・・・どこでも一緒かなぁ、とか思ったり。結局完治してないもんねぇ。そういう病気といえば病気なんかもだけど。薬が多いからかツラい時期は短く済んだけど、微熱と頭の鈍さは秋の涼しくなるまで続いたし。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/680-77c128ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。