死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2007.05.29 22:23

 レタスを使って炒め物・・・で思い出した。

 数日前、「全品半額」とうたう人気のない、立地も悪い(前の店も客の入りが・・・)、中もよく確認できない中華料理屋に入ってレタスチャーハンを頼んだ時のことを。

 あれは・・・・・一言で言うと、毒にも薬にもならないというか、うまくも不味くもない、コメントに困る料理だった(その他の料理も)。

 そうそう、なぜ全品半額なのかというと、推測だが、客がまったく来ないからだろう。半額にすれば来る、という算段だと思われる(半額は6月末まで)。

 一般的には「半額」にすれば客が喜んでお店に来るのだが、ここはそれが真実ではないことを語ってくれている。とはいっても、店員の愛想が最悪とか、日本語話せない店員ばかりとか(そんなチェーン店もあるが)、汚らしいとか、そういうわけでもないことをつけ加えておくが、それだけに、「何か」が半額でも人を惹きつけないことになるのだ。

 私の推測でしかないのだが、その「半額」でも駄目な理由は、今日レタス炒めをしていてわかったのだが、「金払ってまで食べるものじゃない」と思わせるものだったのではないのか?と思ったのだ。
 ハッキリ言ってしまうとここよりずっとマズイ店も世の中にはあるが、それはマズイのがウリだったり(あんまないが)、昔からやってて時代の波においていかれた店とか、他に競合店がないような店とかな気がする。

 端的に言えば、箸にも棒にもかからないというか、話題にするもの恥ずかしい気がするのだ。
 「全品半額の店があったよ」「マジで?で、うまいの?」「いや……」「そう……」

 ということで、半額でも人が来ない理由も大体そんなところだろうと・・・他にも店はいっぱいあるからね。せめてもうちょっと味が濃いとか、独特の味付けとかしてあれば好む人が来ると思うのに、何の冒険もしていない「ただ作っただけ」そんな印象のある料理だから、半額になろうとリピーターが現れないのだろう。

 そこまでみんな貧乏じゃないしね。「それならカップラーメンのほうがましだ」ってところだろうか?

 「半額」はやっぱりあまりやらない方がいい。半額だからこそ、手を抜いても「半額なんだからいいだろ?」とか思ったりしそうだしね。それは、自分の労働を安く自己規定しまうことにもなるからね。やっぱり半額は、通常のものが売れてから、起爆剤として行うのがセオリーだろうね。
 だって、信頼のない商品なんていくら安くたって、買わないじゃん?

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/698-39d723af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。