死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2007.09.13 22:48

 安倍首相といい朝青龍といい、連日執拗なまでに報道されるけれども(たぶん←見てないから)、二人がダメになったのは要するにまぁ、こういうことそのものが原因だったのだろう。
 世の中、外因的なプレッシャーに勝つかどうかってのが大事というか。

 さて、そんななか自民党では「小泉前首相をまた・・・」という非常に馬鹿げた(哀れな)意見が出ていたが、小泉氏は全否定ということで、思わず「当たり前だろ!」と突っ込みたくもなるのだけれど、それほどまでに目先の利益を追う政治家が多いといういい証拠だろう。こういう人に限って「政治を実現するためには数の力が必要なんだ」ということを必死になって弁明するのかもしれない。
 世の中、自分だけは間違いないと言う人間ほど信じられないというか。

 ちなみに、小泉前首相をまた「栄光の時代よもう一度」ということで総理に戻したとしても、きっと前みたいにはうまくいかないと思うけどなぁ。大多数の国民の人が。だって、彼が「したかった」ことはほとんどやっちゃったわけで、それがあったからこそがあの強力な政治体制ができたんだよね。そんなわけで、今「自民党を救うために」立ち上がったところで、なんにもならないというか、むしろ自分だけが苦労するハメになるわけだから、絶対しないだろうと思う。
 世の中、本当にやりたいことじゃなきゃ長期的モチベーションは生まれないものだ。

 

 朝青龍は「横綱」でいることがやりたいことじゃなくて、「チャンピオン」でいたかったからこんなことになったんだろうし、安倍首相も「首相」がやりたかったんじゃなくて、「美しい国」がつくりたかったからこんなことになったんじゃないだろうか?
 それの何がマズイって? だって、「美しい国」を作るためには首相になる必要ないもんねぇ。郵政民営化は首相にならないとできないけど、政治的にね。

 夢は追えば叶うものですけど、叶えた夢が叶えたかった夢と違うってことは結構ありますからね。美人の嫁をもらったはいいけど、性格最悪で我慢の毎日とか。それじゃ、(幸せになりたいと思うなら)本末転倒ですよね。

 サイズの合わないドライバーを使うとねじ山がつぶれますからね。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/762-dac044cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。