死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.01.21 14:59

 年も明けたけど今年も「今年の漢字」は「偽」になりそうな再生紙偽装問題。

 まぁ、そもそも再生紙って昔はあまり上質じゃない紙が多かったよね、昔。それが今はペカペカに光り輝いている・・・・・ってことは溶剤も入れて漂白してるんだろうけど、全然環境に優しくないのは見た目でわかるはずなのに(詳細に言えばそうとも言えないけど)、この、PPC用紙全盛の時代のせいか、いつの間にかそこら中にあふれた「再生紙」。
 少年ジャンプとかの「再生紙」とどう考えても同じじゃないけれど、そこはトリックで「配合率」という数字だけで、再生紙をまったく使ってないものとどう違うのか見分けが付かない再生紙がたくさん出てた(もちろんつくのもあるけど)・・・・・けどそりゃ見分けがつくわけねーよな、入ってないんだから。というベタな落ちにたどり着いた昨今。

 まぁ、養殖マグロを天然マグロとして解体してふるまったらプロ市民に「養殖だろ?」と言われたというニュースが昔あったけれど、今回のことは誰も気付かなかったのか? まぁ、あれか、年賀状は比較するものがないからか? それともまさか国がそんな偽装をするなんて思っていないからか?

 世の中不思議なことばかりではありますが、環境問題が真剣に取り立てられはじめるとやっぱりこういうことが起るってのは危惧されてきたことではあるけれど、現実としてみると辟易してしまいますよね。

 なんでこんなことが起るからって? 行政のチェックが甘いからだよ!

 で、消費Gメンが出来るっぽいけど、ちゃんと内部までチェックするかねぇ? たぶんそうしたら凄い数え切れないくらいのボロが出てくる・・・・・・から今までやらなかったんだろうけど、たぶん、今回の問題のように業界の常識として常態化していたことってことを考えると、次々と問題企業が出てきて、「紙がないと困る」ということでなあなあになる気もする。
 「困る」ってのにつけ込むともうかるからねぇ。そんで原料は海外からでしょ? 悪いコトしてもばれねーよって人が増えるのも当然じゃない? 中国もアフリカの木材大量に伐採してるのもそういうことだし、日本人が海外で少女買春するのもそういうことだ。グローバル化はグローバルじゃない人にはわからないからいいってとこか。

 

 王子製紙といえば使用済み割り箸を送れば再生紙に組み込んでくれる「割り箸リサイクル」をしてくれる会社でしたが、この取り組みについての文面を見るとうなだれてしまいますよね。

都市ゴミを減らすと同時に、これまで廃棄物として扱われた『箸』も“拾ってあげたら紙に生まれ変わって日本中旅が出来る”というロマンを求め、紙資源として再生します。

 よく言うよね「ロマンで飯が食えるか!」って。企業なんてその典型じゃないかな。だからチェックしなきゃなのにね。新しい「三権分立」が必要なのかもしれない。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/869-461464fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。