死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.02.11 23:46

 さて、この三連休ですが、なにしてたかなぁ・・・・(遠い目)

 ああ、なんであれもこれも出来なかったのかと思い詰めてもみたが何も始まらず、冷静になればそう悩んでる時間の方がMOTTAINAIということで、たかたかキーを叩いてさっさとブログを書く!

 内容がないよう?

 知るか!

 ・・・・・・・というと怒られるかもしれないけれど、これだけ毎日書いてる(ことにしている)んだから許してね。・・・・ダメかなぁ(汗)

 

 そういえば黒澤映画『羅生門』観ました。え~と、書くと長くなるから手短に。

 人間、見栄ばっかだよね!!

 

 (短すぎるというツッコミを考慮して)・・・・・この映画が当時日本国内ではほとんど受けなかったというのもわからんでもない。なんせ「真相」のシーンのなんとも悲しくも恐ろしくも儚い人物たちの行動は、リアルすぎて、「娯楽映画」としては及第点だろう。ホラ、やっぱチャンバラシーンは格好良くないと数字にならないじゃん?
 そういうのから二次創作三次創作してる、それにどっぷり浸かった人には作れない映画だと思ったけど、それに縛られずに評価したのが外国人だったってのも皮肉だよね。単なるオリエンタルな雰囲気だけで評価されたんじゃないんだってわかるし。

 そこにいると見えない価値ってのがあって、なのにそこにいるということがそこにいない人よりも有利なのだと誇るちっぽけなナショナリズム的なものそのものを、この映画の「真相」で風刺しているようにも思えた。こりゃ、グランプリじゃないかな? 観る人が観れば、ね。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/889-aca0167d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。