死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.02.17 14:59

 以前PCで録った、NHKの『プロフェッショナル~仕事の流儀』のイチロースペシャル&トークスペシャルをDVDに入れようと、ビデオ編集ソフトVideoStudio9を使ってたら・・・・オイ!

 なんでMPEG2動画をつなげて一つのMPEG2動画にするのに※、容量が倍の7GBとかになっちゃってんだよ!

※私のPCではパワー不足のため、編集した動画をそのままDVDに焼くのはほぼ無理。一度MPEG2動画に変換して、それをDVDに焼くという手間をしなければならない。

 このPCもWindowsXPが出たときのものなので早7年ぐらい前のモデルだから仕方ないのかもしれないけど、4101なんたらとかいって謎のエラーがよく出て途中で止まるのはわかるんだけど(常駐ソフトを解除するとなんとかなる事が多い)、変換に5時間(笑)もかけて、2時間の動画がDVD(一層)に収まらないってどうなんだ! 容量が倍って。

 ・・・・・で散々悩んだが、冷静に考えればDVDに収まらないということは画質が良すぎるということで、元々高画質でない状態で録画したものを、VideoStudioでそのまま繋げて変換すると、高画質(正確には高ビットレート)で変換するから、時間もかかり、容量も大きくなるのだ。・・・・・しかもその容量は無駄な情報がたくさん入ってるって事だ。録画した画質が上がるわけないからね。

 ・・・・ふぅ、嫌になっちゃうよね。機械は融通が利かない。

 でもま、こういったソフトはそういう大きな動画をDVDに焼くときにきっちりとディスクにはいるようにレートを調整してくれる機能があるんだよね。そうすると・・・・ナニナニ、「レート6500なら収まります」じゃあ任せたぞ・・・・・・数時間後、エラーが出て止まる。よく読めば「ディスクに対してサイズが大きすぎます」だとぉ! ・・・・・・一時フォルダに作られたMPEGファイルを見て驚愕。5.5GBと、DVD(4.7GB)に収まるサイズじゃない。

 このバカソフトが!!

 ・・・・・でも、よくよく調べてみると元動画のレートが3670なので(SONYパソコンバンドルのGigaPocketの標準録画)、そのレートでやったら簡単に出来た。変換も時間かからずに・・・・俺が無知なだけか(;^_^A アセアセ…

 それでもVideoStudioじゃ重くて遅いのでDVD Flickというフリーソフト使ってみた。 ・・・・・バカッ早!

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/895-4bf40202

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。