死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.03.09 23:34

 今日は・・・・・・またしてものんびりと・・・・・していました。

 あっ、名古屋国際女子マラソンを観ましたよ、テレビで。レースは歩いて3分ぐらいのところを通るのですが、それをテレビで観るっていうのは、いかに現代人が口では「本物を」などと言いながら、本物に触れようとしないかというのがよくわかる一瞬です。ええ、他人事のことのように言いますが。

 テレビというのはなんでしょうね?

 テレビなんてものがあるから、グルメ番組で紹介されたお店=おいしいなんて自分の舌よりも世間の評判なんかを気にするということもありますが、しかしテレビがなければ知らないことも多かったわけで、功罪の両面をもっているという点は確実なんでしょう。

 その中で、どれだけ自分に有益なものを選びとるかというのがいわゆる「生きる」テクニックなのだと思いますが、こういう感性っていうのは、意外と、育てる機会がないんですよね。というか、正確にいえば、こういうことっていうのは、様々もの(特に相反するもの)に触れる機会がないと中々身につかないのかもしれません。
 そしてそれは、より、苦労を伴うから、なかなかやろうとしないのが人情でしょう。

 なにせ、「教える」人っていうのは基本的に自分の信念とか哲学とかに従って教えるので、いかに平等に行なおうとしても自分寄りになるんですよね。教えられる方も、それに従った方がなんといっても「楽」だから、そうする。「自分で考えろ」とは言っても自分で考える「メリット」を見出せない人ならそれで止まりますよね。

 てなことを言うとそういう人はなんてダメなんだろうなんて論理にも陥りがちですけど、そういう人の方が人間を信じていたりいい人だったりすることも多いんですよね。まぁ、それを利用したのがファシストですけどね。

 そういう意味で、世の中、悪人じゃないんだけれど、世間にケンカを売るような存在が必要なのかもしれませんがね。・・・・・・なんの話だ?

 

 高橋尚子が元々チームQを結成したのはオリンピックの為じゃなかったそうですが、27位という結果で、これで世間は「負け犬」と見るのかもしれない中で、本来の目的を今後どう遂行していくのか、少し期待しています。
 世間は「五輪」=「最高」と考えてる節がありますからね。

 アイススケートなんかいい例じゃないですかねぇ? 荒川静香もそうでしたが、この五輪というメジャーな価値観=是というような価値観をブレイクスルーすることがもっと増えて欲しいですね、個人的には。それこそが北京五輪批判になるんじゃないかなぁ、スピルバーグさん。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/916-20062eca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。