死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.03.10 23:47

 東京大空襲があった日ということでニュースやら特番やら。

 いつもやってたかな? 

 そういえば東京大空襲といえば思い出されるのが、OVA『リーンの翼』ですかね。えっなんでって? あるんですよ、東京大空襲のシーンが。第5巻(第5話※)で。あまり詳しくは描かれていませんが、当時の軍人がなぜ特攻までしようとしたのかという部分でもあるのでしょう。
※…なんと30分アニメなのに1巻1話!で6千円!!(ネット配信だったから?)

 ⇒ニコニコ動画で見てみる(登録要ります)

 

 さて、テレビで東京大空襲の写真を撮った石川光陽の話をやってましたね。こういうの、終戦記念日じゃなくてもやるっていうのは大事なことですよね。大空襲は日本中でやってますから。

 ・・・・・そう考えると、どれだけの命を吸って今があるんだろうね。

 

 しっかし、前にやったドラマ『はだしのゲン』とかもそうでしたが、どうも「戦争を快く思ってない人」が前面に出てくるので、これがメジャーな考えだったんだって思う人がいないか心配です。それで「為政者が悪いんだ」「軍人が悪いんだ」はては「鬼畜米英だ」と単純理解したらまた戦争が起きそうで大変怖いです。
 終戦近い時なら「この戦争はおかしい」って思う人が増えますよ。それでもそういうのを弾圧してきたってのだから、内ゲバ地獄だったんでしょうが。当時子供だった人がまだ戦争体験を語れるというのも、そこにあるのかもしれません。これはわかりませんが。

 『火垂るの墓』の高畑勲監督(戦中世代)が言ってますね。「映画に感動するのは戦争の勝利に感動するのに似ていて怖い」と。ついでに、五輪野球でも「負けるわけにはいかない」というアナウンサーの実況が怖いと。

 ドイツがナチスを信奉したのは、ひとえに、国家運営の破綻と、国民の「渇望」からというのが一般的な見方ですよね? なのにそれをまったく度外視して、「戦争は起こさないようにしなきゃね」って言うのも大事だけど、それよりもすることあるんじゃないかと思うのよね。

 

 ちなみに前述のリーンの翼(6巻)でそういうことを踏まえたセリフがありました。

「関東平野をコンクリートで埋めれば日本人は窒息するぞ」
「(高層ビルにすれば)満州に侵攻しなくても戦前の倍以上の人が住めるんです!」

(自分を命をかけて守った関東平野が、戦時中より緑をなくした白い街になってることに悲観して東京を破壊しようとする迫水王にエイサップが)

 今できる方法で、戦争のためのステップを踏まないようにしたいもんです。

⇒リーンの翼自体の感想はこちら

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/917-eb826c62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。