死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.03.15 23:57

 おお、グランパス勝ちましたね、昨年日本サッカーを盛り上げた浦和に。

 NHKで生中継というのをやっていましたが、試合やる前はもう、浦和レッズの話ばっかりで、浦和の話の中で今日の相手が名古屋グランパスだということを初めて知った人もいるんじゃないかというぐらい(←ないない・・・たぶん)浦和に注目、みたいなアナウンサーの口ぶりでしたが、試合が始まってからはもう、恐ろしいぐらいに名古屋のペース。ペースどころか、前半は完全に名古屋が支配していた。

 私はサッカーに詳しくないですけど、それでも見ていて、チームとしてやりたいことが見える選手の動きと言うんでしょうか、動き方が徹底してますよね、グランパスは。
 早いプレス、大きなオーバーラップ、マギヌンを中心としたペースチェンジ、ヨンセンのポストプレイ・・・・・その他にも解説の山本さんがちゃんと解説してくれてましたが、ホントに・・・・ホントに?ってぐらい、去年のあのグランパスはどこ行ったんだよってぐらいの変わりぶりだからビックリした。去年瑞穂で(たしか)鹿島アントラーズとやったボロ負けの試合は見ていて(中々諦めない私ですら途中で帰ったぐらい)痛々しかったけど、今日の試合はたとえ負けたとしても見て良かったと思えるような代物でした。

 とにかく、(しつこいが)去年と比べてボールに対する集中力が凄い。勝つために、ただ「勝ちたい」って想いだけじゃなく、その為の戦術が徹底して、それを遂行しているプロ意識を見たからかな。中日の落合監督もそんな感じだったな。

 そう考えると、やっぱ人間、勝利も大事だけど、勝利だけじゃないものもやっぱ見たいと思うってことですよね。そりゃ、勝利だけ見たいなら朝青龍があんなに叩かれることはないといえばそうなんですけれど、でも、勝利だけじゃないものが、勝利のためにした行為の中にあれば、それがベストですよね。

 今日のグランパスの試合見て、昔の、ベンゲル監督が率いた強い名古屋グランパスと同じように、見ていてワクワクするような、これだけやって負けたなら仕方ない(悔しいけど)と思えるようなゲームをしてたのは、凄くよかった。

 ストイコビッチはコーチ経験もないとか言われてたけど、やっぱ超一流の選手かつ、国際経験、そして苛烈な人生経験を持つ人ってのは、強いよね。信念がぶれないというか、信念を徹底させることの意味と価値を知っているんだろうね。ベンゲルのアドバイスもあるけど、それでもこれだけ短期間に形に出来るのって凄いよね。引退して時間もあまり経ってないからカリスマも残ってるとか時期的なものもあるだろうけど、なによりも、「また観てみたい」と思える試合をして、しかも強豪中の強豪浦和に勝ったってのは大きいよねぇ。たとえ主力がいないとしても、基本的な戦力は比較にならないはず。

 グランパスは元々強豪チームじゃないのだから、予想されたとおり後半バテバテだったのだけれど、それでもスタンスは変えずに徹底することで、浦和が逆にペースを乱し、集中力を切らしてしまった。長所を最大限活かして戦うって、やっぱり強いよね。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/922-09ca55b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。