死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.04.22 23:59

 今日は相変わらずからだがハリハリ鍋(食べられないけど)。

 うう、寒い。

 NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』を見ました。今回は、上のオヤジギャグよりもっと寒い低気圧の墓場ベーリング海で世界最大の洋上加工船(魚を捕ってすぐ船内で加工する船)に乗って何百という(非日本人の)部下を率いて、高品質なタラコやフィッシュバーガーの原料、すり身の加工を取り仕切る隻腕のファクトリーマネージャー、吉田憲一の仕事の流儀。

 徹底した「仕事への真面目な姿勢」から生まれる徹底した品質管理と、口やかましく教えずに相手に考えさせて育てる現場のプロ・・・・というと、「ああ、俺もそういう上司が良いなぁ」って言う人が絶対いるのが世の中ですが、そんなに甘くないのも世の中。そういう人は、そもそも採用されない。吉田は、1~2分の面接で、仕事への姿勢が中途半端になるなと判断したら腕が良くても採用しない厳しい男だ。

 「そんなんで俺の何がわかるんだ!」とか言うあなたや、上司のことで愚痴ばかりこぼしているならあなたなら、まず採用してくれない。なぜなら、それは環境次第で仕事に真剣に取り組めないという意味だから。
 だからグチばかりこぼす人は今、採用してくれた会社に感謝した方がよいかもしれない。

 吉田は天才を求めていない。キッチリとした仕事をしてくれる人を求めているのだ。

 吉田の仕事の流儀は「真剣に取り組むこと」。それを自ら行ない、部下にもそれが伝わり徹底される。大事なのは経歴よりも能力よりも真剣さ。年齢も関係ない。

 吉田の元にはどこでも成功しなかった人たちがたくさんいた。しかし、彼らは吉田の元で真摯に仕事に向き合うことを覚え、成長していく。決して気さくでもない、どちらかといえばぶっきらぼうな吉田だが、そんな吉田を皆が尊敬している。吉田が、それぞれが真剣に仕事に取り組んでいることを知って、評価してくれるからだ。吉田は、能力の大小ではなく、その人の最大限の仕事をしているかどうかを評価するのだ。

 24時間操業の工場で高品質のモノを「作り続ける」のに必要なのは、常に真剣に仕事に取り組む姿勢以上重視される物はないのだ。
 吉田の元で働く人の目つきが、中々お目にかかれないような目をしていたのが印象的だ。しっかりと前を見ているのだ。恐れずに、真剣にやろうという意志をそこに感じる。KYなんて言葉はここでは流行らないだろうというような。

 吉田はこの航海で自分が仮眠を取る間に指揮を執るパートナーに倒れられてしまう。そこで抜擢したのが29歳の若者。手塩にかけて育ててきた秘蔵っ子(フィリピン出身の学歴ナシ)は、吉田の期待に応えてくれていた。しかし、真剣な眼差しで仕事をする彼が、吉田が睡眠中にミスを犯してしまう。けれど彼はすぐさま切り替え、冷静に対処する。起きてきた吉田がそれを聞き、どういう対処をしてどれぐらいの損失が出たか確認した後に、たった一言告げる「OK、部屋に戻っていいぞ(=寝ていいぞ)」。

 言葉で褒めるわけではない。けれど、認めたのだ。表情や口ぶりでそれが彼に伝わる。百万円の損失が出たにも関わらず、それは責めない。選んだのは自分の責任だから。それに・・・責任と向き合うことで、次にいい仕事をしてくれると吉田は知っているのだ。彼はこれからもっと大きな仕事をできるようになるだろうと。
(この回の紹介はこちら) 再放送は4月28日(火)午前1:10~午前1:55(予)

 だからやっぱり俺もそういう上司がいいなぁっていうのは・・・・(以下略)

 

 そういえば今日は全国一斉学力テストの日でしたね。
 おそらく大多数の人にとって普通の前後どちらかの自分を確認するという、一言で言ってしまえば、あまり意味のないテストですが、お国の教育方針を決めるリサーチみたいなもので、これも他と比較しなければ何も始められない日本の伝統文化だと思います(他の国でも同じだと思うけど特に)。
 個人的には集団教育の不良債権かなと思ってます。他国の生徒と勝負するなら刺激があっていいのですが、日本の中で相対位置を掴んでってのがもう狭いよね。

 ちなみに、全国で唯一税金の無駄遣い学力テストに逆らう犬山市も、来年は危ないらしいです。そんなニュースとか、この学力テストに関わる人たちの話を聞くと、これを真剣な眼差しでやる人がどれぐらいいるんですかね、子供も大人も。そんなこと思いましたよ、この番組見て。学力高かったらいい仕事できるんかと。
 そうじゃなかったからゆとりが生まれてその反省をして、また繰り返すなんて無駄なことしないよな・・・・と言えないから怖い。

 自分が真剣にやる対象がないのって不幸だよね。「点数」や「学歴」などのバーチャルな評価を目的にするしかないなんてね。親が真剣な眼差しを子供に見せていないからかもね。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/960-fad1e201

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。