死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.05.16 23:59

 三重テレビで(汗)再放送のガイアの夜明けを観る。

 ロフトが、正社員・契約社員・パートという枠組みをとっぱらい、「ロフト社員」という、時給制ではあるけれど、頑張った分だけ上がるという、正社員化じゃなく(強調)、全社員化するという試みを始めたんですって。

 このシステムを導入すると、1割の人件費増加となるのだが、その目的は「社会正義のためではない」と語る社長。社会正義の為じゃなくても、そういうことやったには理由がある。ロフトは年間に1700人採用して1700人退職するという、人事担当者が凹みそうな現実があったからなんですって。

 いやあ、「仕事の質(=売り上げに直結)」にこだわらなければいけないのに、人件費削減を目的として、セミプロばかり増やすことに時代にあって、やっと当たり前のことを考えて実行できる所が出てきたなと。だいたいの大企業様は、女子アナ希望が相変わらず多いのを見てもわかるように「選べる」側の立場としてあぐらをかいて、自分が時代に応じて変わる努力を忘れて、小手先のテクニックで乗り越えようと必死である。

 ロフトの社長は、10年ぐらいから、人件費カット目的で社員の非正規化している流れが絶対うまいこといかないと考えていて、それを実行に移すチャンスは今しかない、大企業が先にやったら大企業にいい人材が採られる!と思って始めたんですって。でも、こうした方が、普通に考えたら絶対いいよなぁ。従業員、やる気出るもん。やる気出るってことは、サービス残業もフルパワーでしてくれるって事だからね!!

 日本は元気がない!
 っていう声があるけど、元気を出させようと誰もしてこなかったんだから、当然だよねぇ。そういう意味で、「ああ、やっと真剣に考える人が出てきたなぁ」と実感。それだけ追い込まれてるってことかもしれないけどねぇ。

 

 ちなみに、名古屋にあるロフトは名鉄グループ(殿様商売)の運営によるものなので、この制度を導入する気配はまったくないだろうな。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/984-3a06e969

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。