死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.05.29 23:59

 昨日の中日×オリックス。
 7回2-4で負けてて、さらに1アウト満塁というピンチ。そこで出てきたドラゴンズの投手は、斉藤信介・・・・・・誰?

 誰?

 誰?

 ・・・・・と思いながら見てた。というか、ラジオの解説「2軍で防御率5点台」「1軍試合経験は06年の消化試合1試合」と聞いて、これはひょっとして、「ここで抑えなければトレード?」という厳しい落合テストかと思ったんですが、この、斉藤が頑張るじゃないの。最初のバッターを内野フライで1アウト。次のバッターを・・・・カウント2-3-2という、ピッチャーが投げた瞬間に全員スタートという、絶体絶命のピンチに、投じたボールになるスライダーを空振り三振! そして斉藤、吼えた!

 いやぁ、あの場面でよく腕振って外角スライダーを投げたよなぁ。
 結果を欲しがるだけの投手ならあそこで押し出し恐れてストライク投げてホームランとか打たれちゃうんだけど、きっと、ここで開き直って「自分にできる」最高のパフォーマンスをしようと思って腕を振って投げたから、ボールになる球を振らせられたんだろう。いやぁ、よくやった。今後も注目できる選手だね。

 てっきりこの采配はさっき言ったようにトレードありきの厳しい落合采配かと思ったんだけど、この斉藤、5月は2軍で防御率0点だったということで、その調子のよさを買われて、中継ぎ右腕として1軍に上げられただけなのね。

 まぁ、そのテストをこの場面でするのも凄いけど、このシーンで打たれたら確かにもうチャンスは無いかもしれないからねぇ。斉藤はしびれたろうねぇ。それを物にして、今日もちゃんと抑えたということで、ひょっとして岡本のかわりに・・・・まだならんか。
 でも、中日にはあまりいない、闘志を前面に出すタイプだから、中継ぎ右腕に救世主登場かもしれない。やっぱり相手を気迫で圧倒する人も時には必要だからね。静かな闘志で抑える岩瀬みたいのも必要だけど。

 あ、落合監督は選手に優しいから※これでクビにしたりしないよ、ホントは。ごめんよ、信じられなくて。だって、ビックリしたもん。
※マスコミには優しくない。

⇒斉藤信介活躍の記事

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/997-c146dc18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。